受験対策まとめ

受験戦争などと例えられる程、受験には死力を尽くさなければなりません。特に医学部受験などは、受験対策の段階で、自身がどのくらいのレベルにいるのか、徹底した分析をしなければいけません。受験対策をするとき以外にも迷って勉強をすると効率的に勉強ができません。一度決めた目標は最後の試験が終了するまで変えてはいけません。迷っている時間はありません。

迷わないためには、現在の自分の実力を理解して、どのような勉強方法が向いているのか、そして医学部に合格するためには何が足りないのかを冷静に判断しなければなりません。模擬試験などの結果などの具体的な情報を元に、一切の主観的判断を排除して考えます。たぶん、おそらくという不確定要素は、ここでは判断を迷わせる危険性があります。自身の向き不向きをしって、効率的に受験計画を立てていきましょう。

どうすれば試験の点数が上がるのか、という自問自答は必要ですが、医学部を諦めるか、という問いは時間の無駄ではないのでしょうか。医学部の受験対策をしていれば、おのずと平均点は高くなるので、他の学部の難易度は下がりますので、余計なことを考えずどこが弱いのかという判断のみに時間を費やしていき、余計なことで悩む時間を排除し勉強すると結果がついてきます。