食生活

受験勉強中に乱れてしまいがちなものの1つが食生活です。食生活が乱れると、健康的な生活を送れないどころか、勉強の進捗にも影響を及ぼします。受験対策はどれほど、受験勉強以外の無駄を効率化できるかにもかかってきます。食生活が乱れ集中できない、何か食べていないと勉強ができないのであれば、医学部の受験には無理が出てきてしまいます。

お腹が減って集中できないときがあります。勉強、特に暗記系は体力が必要です。その為、時間が経つと空腹になります。しかし、ここで満腹までご飯を食べてしまいますと、今度は眠くなってきてしまいます。空腹の原因は栄養不足からくることもありますし、ストレスからくることもあります。栄養バランスのとれた食事を摂るだけではなく、ストレスも解消すると、空腹で悩むことはありません。

2つの問題を解消させるためには、食事をよく噛んで食べることです。時間がなくて焦り早食いをしてしまうかもしれませんが、食事と睡眠時間はきちんと確保するのは、受験勉強を効率良く進める受験対策の1つです。よく噛むことはストレス解消に繋がるだけではなく少量の食事で満腹となります。ついつい食べ過ぎて集中ができない、という無駄な時間の解消に効果的です。