我慢強さ

医学部の受験対策の1つに、我慢強くなる、根気強くなることが上げられます。すぐに結果に繋がらない地道な努力が受験勉強には必要です。英語をはじめとする暗記だけではすぐに点数に繋がらない科目の勉強、さらに勉強を続けていくこと自体にも我慢が必要になります。友達と遊んでいる方が、勉強をすることよりも楽しいのは間違いありませんし、休憩時間も長いに越したことはありません。

しかし、それらの誘惑を断ち切る我慢強さは一生の財産となります。医学部の受験勉強など、長くて3年短くて1年だけです。しかし、誘惑を断ち切ることができなければ、浪人という形で延長をすることになります。苦しい時間がもう1年プラスされるなど、面白くありません。我慢強さを養うためには、夢や希望が必要です。夢や希望がなければ我慢ができません。

また、夢や希望を叶えたいという欲も必要です。欲とは表現が悪いので、信念と言い換えることができます。周囲の人間や雰囲気に流されて遊んでしまうより、あえて雰囲気を読まないことも、受験中には必要です。その為には、周りの人に医学部へ行くと話をすることです。そうすれば、受験に失敗できないプレッシャーにもなります。周りの人間も受験対策に利用するのも、受験のだいご味です。