英単語対策

医学部の受験対策で、英単語は必要な知識となります。英単語がわからなければ、英語を読むことができません。しかし、英単語だけを覚えていても、英語の点数には繋がりません。英単語のみを知っていても構文により英単語の意味は多様に変わってくるからです。つまり、英単語を覚えるときには例文を使って覚える方がいいというわけです。

英単語を覚えるときには、きちんと発音をした方が記憶に残りやすくなります。見て書いて暗記するよりも、発音をした方がより鮮明に記憶に残ります。発音の仕方が分からないときは、発音のCDを聞きながら自身でも発音をしてみるときれいに発音をすることができます。最近ではスマートフォンで利用できる単語帳のアプリがあります。最新の技術は積極的に利用していきましょう。

もちろん、基本的な単語だけを覚えても医学部の受験対策では不十分といえます。試験中には見たこともない単語が出てきます。特に医療に関係のある単語が出てきます。これらの知識はあった方が有利ですが、長文中から英単語を類推する力も必要になります。わからない単語に固執するのではなく、わからない英単語が出てきても、それがなくても英文を読むことができれば、さらに力が付きます。