良質な問題集

医学部の受験対策として、試験科目によって得意、不得意があってはいけません。得意な試験科目のみを勉強してもいけません。不得意な科目であっても、平均以上の点数を獲得しなければなりません。他人よりも点数をとれば受験に失敗することはありませんね。では、どのようにすれば試験の点を取ることができるのでしょうか。

試験で良い点数をとるためには良質な問題を多く解いていき、知識を積み重ねていく必要があります。暗記をするだけではなく、暗記した問題をアウトプットしていくしかありません。しかし、良質な問題を見つけるのは難しい、と思うかもしれませんが、良質な問題とは志望している医学部の過去問題です。これ以上の良質な問題はありません。何回も解いていき、自分の苦手とする部分を把握することができます。

自分の苦手としている部分が解れば、重点的に勉強することができます。さらに過去問題を解くことで、志望する医学部の問題の傾向と対策法がわかります。過去問題を繰り返し解いていき、さらには時間も計測することができればどのような時間配分で試験問題を解いていけばいいのか、流れというのがわかります。時間配分が解れば試験中に慌てることもなくなります。