運動と受験対策

受験勉強中に不足してしまうのが、運動です。運動なんてする暇があれば、公式の1つでも覚えた方がいいのでは、と思うかもしれません。確かに医学部の受験では、遊んでいる暇はありません。しかし、運動不足により体内の血液の循環が鈍化しますとそれだけで、公式を覚えることができなくなります。医学部の受験対策だからこそ、運動が必要になります。

人間の体はストレスに強くありません。ストレスが溜まると、体のパフォーマンスが下がってしまいます。その結果、一度で覚えられるような問題も時間をかけなければ覚えられなくなってしまったり、集中力が低下したりします。一度に集中できる時間は前後しますが数十時間連続で集中し続けることはできません。簡単な作業をするのであれば問題ありませんが、勉強で集中し続けることは難しいといえます。

集中できる時間分、その集中の質を高めるには、ストレスや体内の余分な毒素を体外に出すのが効率てきです。ストレスの発散方法は様々ですが、体内の余分な毒素を体外に排出することも同時にできるのは、運動だけです。時間との戦いの医学部受験、無駄な時間を過ごさないために一度にできることは一緒におこなってしまった方が効率いいですね。